相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料

高齢社会となった現在、長寿の祖父・祖母よりも両親の方が早く亡くなることが珍しくありません。そのような場合に、誰が相続人になるか具体的なルールを理解されている方は少ないのではないでしょうか。

 

本当は相続分を有していたのに遺産分割協議に入れず相続させてもらえなかった、ということのないようにしたいですね。今回は相続人の範囲というテーマの中でも頻出する、代襲相続についてみていきましょう。

相続権の基本ルールをおさえよう(相続人の範囲)

代襲相続のルール(相続人の範囲)とは?

まずは、相続人の範囲について簡単に見ていきましょう。(すでに相続人の範囲についてご存知という方は次の項目から読み進めてください。)

 

相続人に誰がなるかは法律上、以下のように定められています。

相続人の相続順位

  1. 第一順位 (被相続人の)子
  2. 第二順位 直系尊属(親など)
  3. 第三順位 兄弟姉妹
  4. 特別枠 配偶者

相続人のうち、順位の上の相続人がいる場合には、下位の親族は相続人になれません。同順位に複数の相続人がいる場合には相続人の数で分割した割合が各相続人の相続分になります。また、配偶者がいる場合には配偶者は常に相続人になります。

 

①配偶者と子(1人)が相続人になる場合 配偶者:子=1/2:1/2

②配偶者と直系尊属が相続人になる場合 配偶者:直系尊属=2/3:1/3

③配偶者と兄弟姉妹が相続人になる場合 配偶者:兄弟姉妹=3/4:1/4

 

配偶者とその他の相続人(第一順位から第三順位の相続人)がともに相続人になる場合に、その他の相続人が複数いるパターン(子が2人いるなど)では、まず配偶者が上記の相続分を取り、その他の相続人は残りを人数で均等割した相続分を有します。

 

【関連記事】さらに詳しい相続分についての解説は相続人・相続順位・相続割合のすべて~やさしい相続マニュアル~をご覧ください。

 

孫にも相続する権利がある?

ところで、亡くなられた方の孫でも相続人になる場合があることはご存知ですか?基本的に、相続権を有するのは上記の配偶者+第1~3順位までの人たちです。しかし、相続人となるべき「子」が亡くなっていた場合、孫が「被相続人の子」という資格を承継して相続権を有することになります。

 

代襲相続関係図1、相続人が死亡している場合はその子が代襲相続人となる

図1のように、被相続人である父が亡くなった時において、相続人たる長男が既に亡くなっていた場合、長男の子(被相続人の孫)が長男の相続権を承継します。このように相続人の資格を相続人の子や孫が承継することを代襲相続といいます。代襲により相続分を得る人を代襲相続人、死去などして代襲される人(図1における長男)を被代襲相続人といいます。

 

代襲相続が認められるのは、相続人の資格のうち「第一順位 (被相続人の)子」と「第三順位 兄弟姉妹」です。さらに、代襲相続の生じる第一順位と第三順位でその扱いは異なってきます。細かい違いについては、後述します。

 

※注:第二順位の直系尊属については代襲相続は起こりません(直系尊属の子は亡くなった本人ですので矛盾します)。

 

 

被代襲相続人の配偶者の扱いはどうなる?

代襲相続の際、妻には相続分はない

相続において、配偶者とは常に相続人になれる地位を有しています。では、上記の図1において既に亡くなった長男の配偶者は何らかの相続分を有するのでしょうか。

 

答えは、何の相続分もない、です。

 

代襲相続は相続人の子孫にも相続権を認める制度です。被相続人との直接の親子関係のない相続人の配偶者は、被相続人との関係では代襲相続人にはなりえないのです。

 

第一順位 子の代襲相続

孫に代襲相続される場合

第一順位の相続人である子が既に亡くなっている場合、亡くなられた方の子(被相続人の孫)が相続人になります。

 

代襲相続で相続人になる範囲

代襲相続により相続人となった被相続人の孫も亡くなっている場合、さらにその子(被相続人の曾孫(ひまご))が相続人になります。このように直系卑属(被相続人の子孫)の場合には、代襲相続は何度も繰り返され、一番下の子孫まで代襲相続人になりえます。

 

代襲相続関係図2、代襲相続人の孫も死亡している場合、その子であるひ孫が代襲相続する

この場合、代襲相続するはずの孫が死去しているので、その子であるひ孫が代襲相続人になります。

 

代襲相続の際の相続分の計算

同一順位の相続人が複数人いる場合には、その相続人の間で相続分を分割するのでした。また、代襲相続が起こって相続人の地位を複数人で承継するときも被代襲相続人の地位を承継するだけですので、被代襲相続人が得られたであろう相続分を代襲相続人の間で均等に割っていきます。

 

図2のケースでは、相続人として配偶者と子がいるので、

 

【計算1】: 配偶者である母が1/2、子全体で1/2の相続分を有します。

【計算】2: 同一順位の子3人で1/2の相続分を分け合うので、子の一人当たりの相続分は1/6になります。

【計算】3: 子のうち長男は死去しているので、長男の子であり被相続人の孫である孫が代襲相続人になります。(仮に孫が2人いればそれぞれ1/12の相続分となります)

【計算4】: 図2では孫はすでに死去しているので、その子であり被相続人の曾孫である曾孫は孫の代襲相続人となり、1/6の相続分を有します。

 

第三順位兄弟姉妹の代襲相続

第三順位の相続人である兄弟姉妹が既に亡くなっている場合、亡くなられた方の子(被相続人の甥、姪)が相続人になります。ここで注意しておくべきことは、第一順位の相続人やその代襲相続人、第二順位の相続人がいれば第三順位の兄弟姉妹は相続人にならないので、甥や姪への代襲相続も起こりえないということです。

 

代襲相続関係図3、代襲相続人に甥や姪がいても、孫がいれば代襲相続はできない

この場合、被相続人の相続について伯父の子である甥は相続人になることはできません。被相続人の第一順位の相続人たる子は既に亡くなっていますが、その孫が第一順位の子の地位を代襲相続しているからです。

 

相続人になる範囲

第三順位の相続人の地位を代襲相続する場合には、代襲は一度しか起こりません。兄弟姉妹の地位を受け継ぐのは被相続人からすれば甥、姪までであり、それ以降の大甥、大姪には代襲相続が起こらないということです。

 

代襲相続関係図4、兄弟である相続人が死亡している場合、その子である甥姪が相続するがそれを代襲相続することはできない

この図4の場合の赤ん坊(大甥)には代襲相続が起こらないので、相続人にはなりません。

 

甥・姪の代襲相続の相続分の計算

では実際に計算してみましょう。

 

代襲相続関係図5、代襲相続の持ち分計算(被相続人の妻と、甥姪の代襲相続のパターン)

 

この場合には、第一順位相続人(被相続人の子)も第二順位相続人(両親)もいないので第三順位相続人の兄弟姉妹が相続権を有します。また、配偶者がいるので配偶者の相続分は3/4、第三順位の相続人の相続分は1/4となります。兄弟姉妹は二人なので父、叔父各々の相続分は1/4を半分で割った1/8となります。

 

兄は死去しているので代襲相続が起こります。兄には二人の子がいますが、子2は死去しています。そして子2には孫がいますが、代襲相続は一度しか起こりませんので孫には相続分がありません。それゆえ、子1が父の相続分1/8を取得することになります。

 

養子の代襲相続

養子縁組と代襲相続、養子縁組届の書類

養子は法律上、子として扱われます。それゆえ養父が死去した時、養子は第一順位の相続人になります。養子が子連れの場合にはどうなるのでしょうか。これは養子縁組をする時点において養子の元に既に子がいるかどうかによって異なります

相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料

 

養子に子供がいる状態で養子縁組する場合

養子縁組により法律上の親子関係になるのは原則として養子縁組をした者だけです。養子に関係する人も一緒に養父母との関係を持つことになるのは法律関係の複雑化を招き、養子縁組制度が利用しにくくなるからです。

 

ですので、養子が連れ子である場合、養子の子は養父母と養子縁組をしない限り養父母との血縁関係は生じません。ですので、養父母が亡くなられた時点で養子がすでに死去していたとしても養子の子は養子を代襲相続しません。

 

養子縁組してから養子の子が生まれる場合

養子縁組をしてから養子の元に子が生まれた場合は結論が異なります。養子の子は法律上養父母との間で血縁関係になり、祖父母と孫という関係になります。祖父母と孫という関係になれば、代襲相続は生じますので養子が既に死去していた場合には養子の子が相続人になります。

 

代襲相続が起きる条件とは?

代襲相続が起きる条件とは?

相続人である第一順位(子)、第三順位(兄弟姉妹)がすでに死去していた場合に代襲相続が生じると説明してきました。ですが、代襲相続が起こるのは相続人の死去の場合だけではないのです。代襲相続が起こるのは、以下の場合です。

 

  1. 相続人が死去している場合
  2. 相続人の欠格事由に該当する場合
  3. 相続人廃除の場合

 

(1)相続人が死去している場合

①についてはすでに解説した通りですので、②と③、さらによく間違えやすい相続放棄の場合について解説していきます。相続順位や割合など基本的なパターンの理解に不安のある方はこちらの記事も参考にして下さい。

【関連記事】相続人・相続順位・相続割合のすべて~やさしい相続マニュアル~

 

(2)相続人の欠格の場合

各種の犯罪行為を行った場合は相続人欠格となり相続できません。

相続人の欠格とは、相続に関して不当な利益を得るために被相続人や他の相続人に対する生命侵害等の行為を行ったり、遺言作成に干渉する行為を行った人間から相続人の資格をはく奪する制度です。この相続欠格にあたるとその人は当然に相続人にはなれません。

 

ですが、相続欠格にあたる人の子は相続欠格になった人の代わりに代襲相続人になれます。

 

相続欠格にあたる行為は以下の通りです。

 

  • 故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ,又は至らせようとしたために,刑に処せられた者(第1号)
  • 被相続人の殺害されたことを知って,これを告発せず,又は告訴しなかった者。ただし,その者に是非の弁別がないとき,又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは,この限りでない。(第2号)
  • 詐欺又は強迫によって,被相続人が相続に関する遺言をし,撤回し,取り消し,又は変更することを妨げた者(第3号)
  • 詐欺又は強迫によって,被相続人に相続に関する遺言をさせ,撤回させ,取り消させ,又は変更させた者(第4号)
  • 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し,変造し,破棄し,又は隠匿した者(第5号)

 

簡単に言えば、被相続人や他の相続人を殺そうとしたり、無理やり遺言を書かせたりといったひどい行為をした場合には相続人になれないということです。当たり前ですよね。

 

ですが、その子には何の罪もないので相続させてあげられます。もっとも、相続欠格にあたる場合には他の親族から遺産分割会議の締め出しをされたり、相続放棄を迫られたるすることは大いにありますので、注意してください。

 

(3)相続人廃除の場合

相続人に大きな問題がある場合は相続人廃除をすることができます

相続人廃除とは、相続欠格ほどひどくはないけれども被相続人に対してひどい行為を行ったり、著しい非行があって被相続人からすれば相続させたくないと思う人を相続人から排斥する制度です。被相続人の申し立て及び、家庭裁判所による調停・審判の手続きを経て相続人の廃除が行われます。

 

この場合にも、廃除される相続人に非があっても、その子に非はありませんので廃除された人の子は代襲相続人になります。

 

(注意)代襲相続は相続放棄の場合には起こらない

相続放棄と代襲相続

相続放棄とは、相続財産を承継しないという意思表示を相続人が行うことです。ポイントは、この相続放棄では代襲相続は起こらないということです。

 

相続しないとの意思表示は、意思表示する人の勝手だとも思われますが、相続放棄の効果が相続という関係において親族間のつながりを絶つ行為であるため、相続放棄をした人の子もはじめから相続人でない扱いになり、代襲が起こらなくなります。

 

両親や親族が同時に亡くなった場合の相続

旅行中、不運にも祖父と親が同一事故で亡くなってしまったという場合、子は祖父の相続分をどれだけ取得することができるのでしょうか。まずは、問題意識を確認してみましょう。

 

子の死亡により孫が代襲相続する場合

代襲相続は配偶者には起こりません。ですので代襲相続が起こる場合には、被相続人の財産は代襲相続人含めた法定相続人により分けられます。この場合、代襲相続する孫が単独で被相続人の相続財産を相続します。

 

代襲相続関係図6

父の死亡後、子が死亡し、孫が相続する場合

相続人が被相続人の財産を承継する機会が少しでもあった場合には、その相続人の死亡の際にはその配偶者とその他の相続人で相続財産を分け合うことになります。この場合、子は父の相続をします。そして子の死亡によってその妻と子で相続財産を分け合うことになります。

 

このように父の財産を子が相続すると、孫としては子の配偶者(母にあたります)とともに祖父(被相続人)の相続財産を分割することになります。

代襲相続関係図7

父・子が同時死亡の場合

以上のように父と子の死亡の前後で孫が相続できる範囲は異なってきます。そして、父と子が同時に死亡した場合には子が父の相続をしたと考えられないので、孫が代襲相続をすることになります。

 

つまり、同時死亡の場合には≪図6の子の死亡により孫が代襲相続する場合≫同様、孫が祖父の相続財産をすべて取得することになります。妻は1円も相続できません。

 

※厳密に同時に死亡しておらず、死亡の前後が不明な場合にもこのルールが適用されます。

 

この記事のまとめ

代襲相続のルールについて専門家の見解

代襲相続について検討してきました。そもそも代襲相続という言葉や概念を知らなかったという方も多いと思われます。ご自身や身の回りの相続において今一度誰が適正な相続人か確認してみてはいかがでしょうか。

 

代襲相続で注意すべきポイントを押さえてみました。

  • 第一順位の相続人と第三順位の相続人では代襲の回数が異なる
  • 養子の代襲相続は養子縁組と養子の子の出生の前後による
  • 代襲相続は相続人の死去、相続欠格、相続人廃除によって生じ、相続放棄では生じない
  • 同時死亡の場合には代襲相続が起こる

 

ご自身に関わりのある部分を確認してみましょう。もし誤解したまま遺産分割手続きを終えられていた場合、相続回復請求をすることが考えられます。その可能性があるようでしたら、弁護士など専門家へご相談してみてください。

 

【相続の権利と範囲、割合についての関連記事】

相続放棄をすると代襲相続できない?-やさしい相続マニュアル

相続人・相続順位・相続割合のすべて

相続放棄のすべて

遺産分割・遺産分割協議のすべて~やさしい相続マニュアル~

知らなきゃ損する!遺産を取り戻す2つの方法

 

相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料
執筆者: やさしい相続編集部