遺産分割協議によって分割内容が決まったら、遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)を作成します。

遺産分割協議書とは?

遺産分割協議書とは、相続財産を相続人の間でどのように分け、誰がどの財産を承継するかを記した文書です。

遺産分割協議書は法律上常に作成しなければならない文書ではありませんが、後の紛争回避や相続税納付の際に必要となってくる文章です。

そのため、遺産分割がある場合には遺産分割協議書を作成されることを強くお勧めします。

 

遺産分割協議書の役割

遺産分割協議書の役割はいくつかあります。代表的な役割としては次のものが挙げられます。

  • 相続人間での遺産分割の合意を明確にする
  • 相続トラブルの防止
  • 不動産、預貯金、株式などの財産の名義変更
  • 相続税の申告書への添付

 

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書には、法定された書き方などは存在しません。

ですが、有効な遺産分割協議書を作成するためには、相続人全員の署名または押印が必要になります。

また、登記などの名義変更の場合には、対象の財産を明確にしなければなりませんので、作成の際には対象の財産がわかるように記載する必要があり、注意が必要です。

遺産分割協議書を作成する際に注意すべき主なポイントは次のとおりです。

  • 住所、署名は自筆で行う
  • 押印は実印で行う
  • 署名と押印の両方を行う
  • 未成年の相続人または認知症の相続人を代理する場合には相続人の名、代理人の名を明記する
  • 被相続人の名、死亡日、遺産分割協議書の作成日、協議した相続人全員を明記する
  • 相続財産の処分内容を具体的に明記する
  • 不動産については登記簿謄本、自動車は登録証、預金債権は通帳、株式や生命保険金等は証券等に照らして正確に対象財産を記載する
  • 代償分割の場合には代償金額と支払期限、支払い方法を明記する

こうしたポイントを意識しながら、有効かつ有益な遺産分割協議書を作成するようにしましょう。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

遺産分割協議と遺産分割協議書の作成は、数ある相続の手続きの中でも非常にデリケートな手続きです。

ここで紹介した手順を守ってきちんと遺産分割協議書を作成し、平和な相続を実現しましょう。

執筆者: