相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料

いざ相続が始まって家族・親族などの相続人と遺産分割協議を開始した際、遺産配分の「割合」だけでなく「方法」についても決めなくてはなりません。その遺産分割の方法にも様々な種類があります。この記事では、遺産分割の中でも他の方法とは考え方が異なる「共有分割」について解説します。共有分割のメリットとデメリットはどのようなものでしょうか?

相続における遺産分割の方法、共有分割とは?

相続開始時の相続財産は共有財産

相続が始まると、すべての相続財産はいったん相続人全員の共有財産になります。

第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

第八百九十八条
相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。

 

相続財産が相続人全員の共有状態になっていると、相続人の1人が「相続財産を売却したい」と思っても、実現のためには相続人全員の合意が必要となり、スムーズに売却することができません。そういった面倒を回避するためには、相続財産ごとの帰属を明確に分け、相続人それぞれが自分の相続財産を自由に処分できるようにする手続きが遺産分割です。

 

共有分割の場合はこうした遺産分割と考え方が異なります。共有分割は各相続人の持ち分を決めるものの、共有したまま所有することになります。つまり共有分割とは、相続開始時に相続人全員の共有状態になった相続財産の帰属を、個々人に割り当てるのではなく、共有状態を継続することを意味します。

 

相続で共有分割を利用するケース

共有分割の利用ケース

共有分割は法定相続分に応じて相続財産を分割したい場合に多く利用されます。たとえば、相続財産に不動産が含まれている場合を考えてみましょう。不動産は現金などと比べて、形状や用途が様々なため正確に配分することが難しい財産です。そのため、厳密に相続分に応じて不動産を評価するには、専門家の鑑定を受け収益額やメンテナンス費から現在価値を算出するなどの手間がかかり、現実的には大きなハードルがあります。

 

こうした場合に共有分割を利用すると、不動産は各相続人の相続分に応じた共有状態になるわけですから、不動産から得られる便益も、不動産から生じる費用も、すべて各相続人の相続分に応じて割り振られます。このように共有分割は、相続財産を現物で分割することが困難な場合に利用されます。

 

 

共有分割が相続トラブルの原因に

共有分割で争いに

先ほど説明したとおり、共有分割により共有状態になっている相続財産を処分するには、相続人全員の同意が必要となります。つまり、相続人は個人の意思だけでは相続財産を自由に処分できないのです。これを引き金にして相続人の間でトラブルが生じてしまうことは容易に想像できるでしょう。

 

また、将来的に相続人が死亡した場合には、さらに次の相続人(相続人の子や配偶者)が共有持分を相続することになります。そうなると、相続財産の共有者がどんどん増えていってしまうことになり、売却などの処分はさらに難しいものになります。そもそも名義変更を怠った不動産が相続財産となっている場合は、既に何十人もの共同所有者がいるということもあります。

 

このように共有分割は「遺産分割の先延ばし」に過ぎませんから、「とりあえず共有にしておこう」と適当に済ませてしまうのは注意が必要です。共有分割を積極的に利用するのは避けた方がよいでしょう。なお、不動産などを売却したい共有者と他の人の間で共有状態を解消する協議がうまくいかない場合は、「共有物分割訴訟」という裁判で解決することになり、精神的にも金銭的にも多くのコストを支払うはめになることがありますので、相続の際によく検討することが大事です。

相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料

 

 

共有分割以外の遺産分割の方法

共有分割以外の分割(換価分割、代償分割)

共有分割を利用しない場合、どのようにして相続財産を分割すればよいでしょうか?遺産分割の方法には、共有分割以外にも次のような方法があります。これらの方法を適切に組み合わせて遺産を分割するのが、遺産分割を成功させるためのポイントといえるでしょう。

 

【遺産分割の方法】

  1. 現物分割
  2. 代償分割
  3. 換価分割

 

現物分割

現物分割とは、相続財産をそのままの形で相続分に応じて分割する方法をいいます。一般的に、現金や預金など、容易に分割できるものはこの現物分割によって分割されます。

 

代償分割

代償分割とは、一部の相続人が相続財産を現物で取得して、その相続人が他の相続人に対して、持ち分に見合った代償金を支払うという遺産分割の方法です。代償分割は、一部の相続人が被相続人のご自宅に住み続けたいという事情がある場合や、相続人が事業を引き継ぐ場合などに利用されます。

 

代償分割のくわしい解説は関連記事「【代償分割編】失敗しない遺産分割協議書の書き方」をご参照ください。

 

換価分割

換価分割とは、相続財産の一部または全部を売却して得た現金を、各相続人の相続分に応じて分配する方法です。一般的に換価分割は、相続人の誰も利用しない不動産等が相続財産に含まれている場合に利用されます。

 

換価分割のくわしい解説は関連記事「【換価分割編】失敗しない遺産分割協議書の書き方」をご参照ください。

 

 

共有分割がある場合の遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書の書き方

共有分割がある場合でも、遺産分割協議書の書き方は一般的な書式と変わりません。ただし、共有分割の対象となる相続財産の分け方について、各相続人が取得する持分の割合を記載する必要があります。たとえば「不動産Xは、相続人Aが持分3分の2、相続人Bが持分3分の1の割合で相続する」といった記載です。

 

 

「相続と共有分割、遺産分割協議書の書き方」まとめ

まとめ

ご紹介してきたように、遺産分割の方法にはさまざまな方法がありますが、とりわけ共有分割は後々の争いや面倒を生みやすく注意が必要な分割方法です。遺産分割の際には共有分割はできる限り避け、相続財産を各相続人に帰属させる方法を選択するようにしましょう。

 

【関連記事】

遺産分割・遺産分割協議のすべて~やさしい相続マニュアル~

遺産分割協議書に添付すべき印鑑証明書の有効期限とその入手方法

【代償分割編】失敗しない遺産分割協議書の書き方

【換価分割編】失敗しない遺産分割協議書の書き方

遺産分割調停は相続のヤマ。メリットと必要書類・手続きを押さえましょう

遺産分割協議書に契印・割印・捨印を押すべき理由とその正しい方法とは?

相続放棄の無料相談窓口、弁護士が対応、2往復無料
執筆者: やさしい相続編集部