相続財産として何があるのか把握できたら、次は「財産目録(ざいさんもくろく)」を作成します。

 

財産目録とは?

財産目録とは、遺産を積極財産、消極財産とに分類し、かつ各財産ごとに一覧表にしたものをいいます。

 

財産目録の作成が必要な理由

財産目録は、法律上必ず作成しなければならないわけではありません。しかし、財産目録を作成することにより、次のようなメリットが得られます。

  • 相続財産を漏れなく把握することができる
  • 遺産の分割を円滑に行うことができる
  • 相続税の申告を円滑に進めることができる

これらのメリットがあるため、多くの相続で財産目録が作成されます。

 

財産目録の作り方

財産目録を作るにあたって、特に定まった書式などはありません。各家庭事情に応じて作成されます。基本的には各財産ごとに相続財産を記載し、その評価額も記載します。ただし、後述するように、いくつか作成上の注意ポイントがあるとともに、作成の際に考慮すべき事情もあります。

 

財産目録を作る際に注意すべきポイント

財産目録を作成する目的は円滑な遺産分割協議の進行や相続税の納付に備えることですから、財産目録もその目的に沿った形式で作成されることになります。たとえば、財産項目ごとの財産の記載と評価額に加えて、財産を取得する人の名を記載する欄を作成したり、取得した相続財産の評価額の合計額を記載する欄などがあると遺産分割がしやすくなります。

財産の評価額の記載にあたって、不動産などについては複数の評価方法があることにご注意ください。相続税の納付に向けた不動産評価額を記載する欄と、相続人間で想定する不動産評価額を記載する欄を別途用意することで、より相続人間の公平を保つ効果があります。また、相続税の納付に際しては財産の特定が大切です。不動産の登記簿謄本や自動車の登録証、金融機関の名前・支店名・口座番号・預貯金の種等を明確に記入することで、後の手続きにかかる問題に対処することができます。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

財産目録は作成が義務付けられている書類ではありませんが、様々な手続きの中で間接的に求められる書類です。そのため、相続が始まり相続財産の調査が終わったら、財産目録の作成に取り掛かるようにしましょう。

執筆者: