2017年1月4日からクレジットカード納税開始!

2017年(平成29年)1月4日から、さまざまな税金をクレジットカードを使って納められるようになります。クレジットカードでの納税を求める声は以前から多くありましたが、ついに実現されることとなりました。

 

 

どんな税金をクレジットカード払いできる?

クレジット納税が可能な税金一覧

 

クレジットカードでの納税が可能なのは次の税金です。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税

 

これだけ多くの税金がクレジットカードで納められるようになれば、便利になりますね!

 

 

納税が可能なクレジットカードブランド

クレジットカード納税が可能なクレジットカードブランドは次のとおりです。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • TS CUBIC CARD

 

Visa・Mastercard、JCBブランドは、クレジットカードを作る時の定番カードブランドですから、「自分のカードは使えないかも…」といった心配はありませんね!

 

 

クレジットカード納税のメリット!

ƒクレジットカード納税のメリット

クレジットカード納税をすることにより、さまざまなメリットを享受することができます!

 

 

〈メリットその1〉クレジットカードの還元ポイントがたまる!

クレジットカードで納税できることの最大のメリットは、なんといっても税金を支払って還元ポイントがたまることでしょう。特に、経営者や自営業者の方にとっては、会社や事業で発生した法人税や所得税、消費税を会社や事業のお金から納税することで、個人のクレジットカードのポイントがたまるわけです。これは夢のような話ですね!

 

 

クレジットカード納税の還元率

クレジットカード納税で還元ポイントが付与されるカードで、確認済みのものは次のとおりです。

  • American Express:還元率0.5%
  • Diners Club:還元率0.5%
  • マイレージプラスセゾンカード 1.5%
  • REXカード 1.5%
  • 楽天カード 1%

(その他のカードの還元ポイントについては、随時更新予定)

クレジットカードの還元率がおおむね1%程度以上あれば、後述の決済手数料を含めて考えてみても、税金を納めれば納めるほどお得であるといえるでしょう。

 

 

たとえば、還元率1%のクレジットカードを使って100万円の税金を納めた場合、決済手数料(後述)は消費税込みで8,200円程度である一方、還元率1%なので1万円分お還元ポイントをゲットすることができ、約1,800円もお得になります。ご自身で納税される自営業者や会社経営者にはお得な情報ですね!

ただし、クレジットカードの還元ポイントの詳細については、ご利用のクレジットカード会社にお問い合わせください。

 

 

還元されたマイルやポイントに課税される?

これまでの家電量販店やホテルチェーンのポイント、航空会社のマイルと同様に、クレジットカードで得たマイルやポイントに課税されるかどうかについては、2017年1月1日現在、統一的な見解はありませんので、当面の間は「課税されない」という認識でよいでしょう。

 

 

〈メリットその2〉分割払いが可能になる!

クレジットカードで納付すれば、ショッピング利用などと同様に分割払いを利用できます。お支払い方法は次の中からお選びいただけます。

 

  • 一括払い
  • 3回払い
  • 5回払い
  • 6回払い
  • 10回払い
  • 12回払い
  • リボ払い

 

クレジットカードで税金を分割払いにできるということは、たとえば自営業を営まれている方がご自身のカードを使って分割払いで納税する場合、実質的にはカード会社から資金を借りて、その資金を原資にして納税していると考えることができます。つまり、クレジットカードを使って納税することによって、資金余裕を生み出せる可能性があるということです。会社経営者の方や自営業者の方は、税金の分割払いを検討されてもよいのではないでしょうか?

 

 

〈メリットその3〉家族の納税も同じクレジットカードでできる!

家族が納める必要のある国税も1枚のカードで納付することが可能です。そのため、1枚のクレジットカードに還元ポイントを集中させることもできるので、ポイントを貯めたい方にとってはうれしい制度です。ただし、クレジットカードでの納付手続きはカードの名義人の方が行うようにしてください。

 

 

〈メリットその4〉夜間・休日を問わず納税できる!

クレジットカード納付は24時間365日可能です。税務署で手続きをする時間がない方にはありがたい制度ですね。

ただし、システムのメンテナンス中は手続きを行うことができませんのでご注意ください。

 

 

クレジットカード納税に必要な手続き6ステップ

クレジット納税手続きの6ステップを紹介しています

 

〈ステップその1〉専用サイトにアクセスする

まずは、クレジットカード納税の専用サイト(国税クレジットお支払いサイト)にアクセスしてください。

国税クレジットカードのお支払いサイトはこちら

 

 

〈ステップその2〉利用規約を確認する

利用規約は必ず確認するようにしてください。後日の不要なトラブルを防ぐためにも大切です。

 

 

〈ステップその3〉必要な税金の情報を入力する

税金の種類や課税期間、申告区分を入力します。

 

 

〈ステップその4〉クレジットカード情報を入力する

クレジットカード番号や納付手続きの完了メールの送信先Emailアドレスを入力します。

 

 

〈ステップその5〉入力内容を確認する

入力内容に間違いがないことをご確認ください。

くわしくは後述しますが、入力内容に間違いがあってもサイト上で修正することはできませんのでご注意ください。

 

 

〈ステップその6〉納付手続きの確定

「納付」ボタンをクリックすると納付手続きが完了します。なお、納付手続きの完了ページは印刷するなどして保存することが推奨されます。

 

 

クレジットカード納税の注意点

クレジットカード納税で注意すべきポイントを解説します

クレジットカード納税はとても便利な制度ですが、ご利用にあたっては次の点にご注意ください。

 

 

〈注意点その1〉納付手続きの取り消しはできない!

いったん納付手続きが完了すると、「間違えた!」と思っても後の祭り、そのあとで取り消すことはできません。もし誤って納税手続きを行ってしまった場合には、税務署から還付などの手続きを受けることになります。そのため、こうした場合は必ず管轄の税務署にご連絡ください。

 

 

〈注意点その2〉納税猶予を受けることができない!

いったん納付手続きが完了すると、納税の猶予を受けることはできません。そのため、クレジットカードでの納付をご検討される際は、猶予が必要かどうかをよくご確認ください。

 

 

〈注意点その3〉翌年度以降、自動的に手続きされることはない!

クレジットカード納付は継続的なものではありませんので、翌年度以降、自動的に納付されるということはありません。そのため、その都度納付手続きを行うことになります。

 

 

〈注意点その4〉マイルやポイントの付与の有無は、クレジットカード会社に必ず確認する!

クレジットカード利用の特典といえば、なんといっても還元されるマイルやポイントです。上のメリットのでも述べましたが、クレジットカード納付によってこうしたマイルなどが付与されるかどうかは、必ずご利用のクレジットカード会社に確認するようにしてください。

 

 

〈注意点その5〉領収書は発行されない!

納付手続きが完了しても、領収書は発行されません。領収書が必要な方は、お近くの金融機関または管轄の税務署で納付するようにしてください。ただし、金融機関や税務署ではクレジットカード納付を利用できませんのでご注意ください。

 

 

〈注意点その6〉決済手数料がかかる!

クレジットカード納付を行う場合、決済手数料が発生します。決済手数料は次のとおりです。

  • 最初の1万円までは76円(消費税別)
  • 以降、1万円を超えるごとに76円(消費税別)を加算

 

なお、決済手数料は「国税クレジットカードお支払サイト」にてシミュレーションを行うことができますので、そちらでご確認ください。

 

 

この記事のまとめ

クレジットカード納税に関する専門家の見解

 

いかがでしたか?

クレジットカードで税金を納めることができるようになり、わたしたちの生活はさらに便利になります。ただし、クレジットカードで税金を納めることで得られる還元ポイントなどで「得した!」よりも、あらかじめ税金対策を行っておく方がずっとメリットが大きいのは事実です。特に相続税や贈与税は、しっかりと計画し、準備しておくことで効果的に節税することもできます。これを機に、税金対策をご検討されてはいかがでしょうか?

執筆者: やさしい相続編集部